神奈川県議会議員 おさだ進治

経験のすべてを海老名のために

 これまで県議会議員として4期を務め、16年目を迎えようとしています。この間、議会全体の運営をつかさどる「議会運営委員長」や「予算委員長」自民党県議団(50人)の政策をリードする政務調査会長など、議員としてできる役職はすべて経験して参りました。ただ、そうして県議会での活動に没頭する日々の中で反省するのは「郷土への想いは薄れていないか?」ということ。引き続くコロナ禍では13回に及ぶ臨時議会を重ね、深夜に及ぶ議論に没頭していました。明け方に仕事を終え、始発の電車に乗って海老名駅に戻って来たとき、ふと、神奈川のことも大事だけれど、私はもっと海老名のことに心を置くべきではないか・・と。
 今改めて初心に帰り、これまで蓄積してきた経験のすべてを郷土 "海老名" のために活かして行こうと、私は決意致しました。
 神奈川の長田を目指し、だれにも負けたくない気持ちで働いた若い日々。そして今は原点に立ち返り、誰よりも海老名を知り、だれよりも海老名を愛する県議会議員を目指します。

基本的な政策

  • 実績

    ふるさと海老名のために、県議会議員4期の間に実現できたことがあります。

    詳細を見る
  • これから

    海老名市の未来に向けて、既に着手していること、長期にわたる計画などがあります。

    詳細を見る
  • 課題

    神奈川県は海老名市に対して何ができるのか?海老名への思いをこめて課題をまとめました。

    詳細を見る

お知らせ

ページトップへ戻る